自宅の模様替えを行うためには、やるべきことがあります。

取り外しを行う

エアコンの取り外し工事では密閉性の維持が重要です

エアコンの取り外し作業は個人でも行うことができるため、工事を業者に頼ることなく自分でやるという方が増えています。 特に最近ではエアコンの取り外し作業における手順などがネット上に記載されていますから、個人でできるということに過信して自分でやろうとする人が増加しています。 しかしエアコンの取り外し作業では素人に特有の失敗があるのです。 例えば隙間を埋めるということができずにすきま風が吹き込んでくることがあり、その場合にはエアコンの取り外し作業で追加での補修が不可欠になります。 失敗すればそれだけで大きな損失になってしまいますので、個人でやる実力がしっかり身についていると思えない場合には作業を業者に依頼するという方法も選択肢の一つとして考えておかなければなりません。

自分でエアコンの取り外しってできるのでしょうか!?

ルームエアコンの取り外しって難しそうな感じがしますが実はとっても簡単なんですが取り外しには電気工事の資格が必要ですので資格の持っていられない方はやめてくださいね。 ルームエアコンには部屋の中にある室内機と室外機がありますが手順としては室内機で強制冷房運転させます。冬場だと通常の冷房ですと室外機がまわらない事があります。室外機がまわる事でガスが循環されますので大事な作業になります。そして室外機側の横に付いているカバーを外し細い方のバルブを閉め、そのまま数分間放置します。そうする事でガスが室外機に溜まっていきますので太い方のバルブを閉めて室内機のコンセントをはずします。そして室外機の電線を切り離しバルブも外して室外機の取り外しが完成ですので次に室内機取り外して大丈夫です。 これでルームエアコンの取り外し作業は終了ですが、室内機も室外機も配管のバルブから離れたところを切断することをオススメします。バルブを無くしてしまった移設する時に再利用できなくなります。 業務用のエアコンに関してはなかなか大がかりなので業者さんにお願いしましょう。

Copyright (c) 2015 自宅の模様替えを行うためには、やるべきことがあります。 all reserved.